口紅の色つや

若い頃のフィルムを探る機会がありまして、「この頃は、依然として幼くて、かわいかったな・・・(笑)」なんて思いながら、眺めていました。それにしても、化粧は、随分とじっくりやる・・・という調でした。化粧し慣れていない力不足もあるし、流れだったんでしょうかね・・・? 口紅の色彩が、執念深い(汗)・・・ブラウン系の深い色彩を好んでいたようですねぇ。

今現在は、ローズ関わりだ。ローズ関わりは、顔色も明るく見せてくれ、唇の色彩に左右されずに発色しやすい対比になるんだそうです。こういう口紅の色彩は、スキンの色彩で決めるとよろしいようですね。たとえば、スキンの色彩が白い顧客は、白いスキンに映える明るいローズ関わりやパウダーロゼ関わりがお勧めなんだそうです。けれども、唇だけ際立つのは不愉快という顧客は、パウダーロゼというきめ細かいロゼ関わりが甘い感じに成し遂げるのでお勧めだそうです。そうして、小麦色のスキンの顧客は、小麦色のスキンに馴染み易く綺麗に発色やる、オレンジ関わりやブラウン関わりが良いそうです。

その他にも、20代はローズ関わり、30代や40値段はパウダーロゼやブラウン関わりが似合うとか、愛くるしくみせたいような時やデートの時はロゼ関わり、普段使いには、ベージュ関わりがお勧めなど、各種シーンや、生まれも対比を変えた方が良いみたいです。上手に使い分けられるといいかもしれませんね。おすすめはココ